« 新しい常任委員会に出席しました | トップページ

2014年8月10日 (日)

片山善博氏の記事を読んで

  今日の新聞に地方議員の不祥事についての記事がありました。元鳥取県知事、片山善博氏の記事です。

やじ問題、政務活動費のずさんな使い方、飲酒による暴言・交通事故、違法ドラッグ所持、等、議員のモラルについて書かれていました。

そして議員のあり方についてもきちんと言及されていました。

 支援者から依頼されたことを処理する。いわゆる口利きが議員の仕事ではない!その問題点を本質から変えていく活動をするのが本来の議員の仕事だと。つまり、予算を確保したり、予算案を組み替えたりする。そしてその問題点を根本から改善するのが仕事だと。

 そして、現在のほとんどの自治体が、首長が出した議案をそのまま無傷で通している。それが自分たちの役目だと思い込んでいる議員も多いが、原案が何も変わらないのなら議会があってもなくても同じだ。と書かれていました。

 良かった。同じ考えの人がいて!

 現在私が感じていること、そのものなです。

 「自分は知事与党だから」と堂々と言う議員が蔓延しています。

じゃ、知事と執行部で全部やってしまったら!議員はいらないじゃないと思います。

 現状の問題を抱えて相談にこられる方の意見を聞き、実際に視て、法律や条例との整合性がないことを知ることはよくあります。

 執行部から議案が出てきても、現状を理解していないのではないかと感じるものもあります。そこを指摘し、反対しても、「知事がやりたいんだから」とか、「採決の時、数で勝てば良いんだ」といわれると残念で仕方ありません。変更案も潰されることばかりです。

 こういった問題を自分たちがもっと有権者に訴え続けなければと思っていました。

 やじや政務活動費に端を発した問題ではありますが、地方政治にもっと関心を持っていただき、何故、その議案を反対した議員がいたのか?その意見は正しいのか?

 広島県議会ではホームページで議案に賛成した議員・反対した議員がわかるようになっています。

 是非覗いてください。そして、結構反対している私にご意見ください。

その時には反対した理由もきちんと説明いたしますから。

ちなみに、広島県議会で、知事から出された議案がつぶれたことは私の議員生活期間においては「ゼロ」です。(゚ー゚;

 

|

« 新しい常任委員会に出席しました | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393188/57045964

この記事へのトラックバック一覧です: 片山善博氏の記事を読んで:

« 新しい常任委員会に出席しました | トップページ