« 6月定例会を終えて | トップページ | 議員定数について »

2013年7月28日 (日)

参議院選挙を終えて

参議院選挙も終わりました。予想通り自民党圧勝でしたが、自民党の議員である私自身色々感じるものがあった選挙戦でした。

 応援弁士として壇上にも立ちましたが、そのとき私が語ったことを書きます。

 今回の選挙、途中から「関心が低くなった感」がありましたので、そのあたりから皆さんに訴えました。

 

 何故関心が低くなってきたのか?

 まずは、マスコミが自民党圧勝の予測を立て、「ねじれ解消選挙」を前面に打ち出したからではないでしょうか?

 党本部の戦術でもあったのでしょうが、私は、非常に違和感を持ちました。「ねじれ解消」は本来、自民党としての目的でもマニフェストでもないはず!

 本音の部分で「そうしたい」また「そうありたい」ことであり、明確なる公約として、経済対策をする!アベノミクスを強力に推進していくので応援をお願いするのが本来の姿であったと思います。

 このことを国民の皆様が「体感」したから、関心が薄れていったのではないか思うと言いました。

 次に、「参議院」そのものの不用論が噴出していることではないかと言いました。

 この原因は、小選挙区制度による二大政党政治の弊害ではないか。

政策を議論するのではなくどの政党が提出した案か?「ならば賛成」「ならば反対」といった議論になって、『良識の府』であるはずの参議院が本来の機能を発揮していないと国民の皆様が感じているからではないか。と言いました。

 では、関心を持ってもらうためにはどうすればよいか?

今回の選挙は、歴史上のターニングポイントになる選挙です。だからとても大事な選挙ですから是非投票に行ってくださいと訴えました。

 何がターニングポイントか?

 まずは、「インターネット解禁選挙」であることです。

これは我々議員が今までの選挙手法だけでは勝てなくなるということを表面化する事になる選挙であるということです。『若者』が今まで以上に選挙に関心が深まり、投票行動にも繋がる選挙になりうると訴えました。

(今後、我々議員もきちんと政策を訴えていかないと振り向いてもらえなくなる選挙戦術になるのです。)

 次に、『96条』問題です。この選挙を契機に国が本気で「憲法改正」に取り組み始めた!と歴史が判断する選挙になるのです。だからとても重要な選挙なんですよと言いました。

選挙が終わって、テレビ等で総括が行われていますが、石破幹事長が「ねじれは決して目的ではない・・・」とおっしゃているのを聞いて、「良かった」やはり自民党は捨てたものじゃない!と思ったのは私だけではないのではないでしょうか?

|

« 6月定例会を終えて | トップページ | 議員定数について »