« 平成25年度定例県議会開催 | トップページ | ダイジェスト »

2013年2月22日 (金)

2月定例県議会のハプニング

 昨日、午後の議会開会のアナウンスが1時になってもありません?

 どうしたのかと思ったら、知事が急遽インフルエンザであること判明し、午後の会議に出

られないとのこと。

各派代表者会議を開き午後の会議をどうするか検討するとのこと。

待っていると議会運営委員長が私たちの控え室に来て、午後の開会を検討していると告

げました。

少しして、開会を1時半とする。また、知事職務代行者を副知事にする。と報告を受けまし

た。

 知事不在で議会を継続することはないであろうと思っていましたが、しぶしぶ出席しまし

た。

昨日、本日の質問は「代表質問」です。ましてや新年度の予算についての審議の場に、発

議者がいない会議をする意義があるのか?

 今日の朝一番の質問者が、開催する議会に大して違和感があると発言しましたが、全く

そのとおりだと思います。

 何のための議会か!

 何故予備日を設けているのにそれを活用して、知事が登庁するのを待たないのか?

議会を開いたという事実だけが欲しかったのか?

鳥取県知事だった片山氏が議会は学芸会ではない!と言っておられたのを思い出しまし

た。

 本気でやりましょうよ!?

|

« 平成25年度定例県議会開催 | トップページ | ダイジェスト »