« 県外視察 | トップページ | 金沢 »

2011年8月 1日 (月)

能登・七尾

能登・七尾
能登・七尾
世界農業遺産って何かなぁと思ってましたが、写真を見ていただいたらわかりますが、海岸沿いにある棚田でした。

テレビ等で取り上げられたおかげで、全国からボランティアが手伝いに来られるそうです。

そこを後にして、次に七尾市の観光交流課の方々ねお話を伺いにいきました。

七尾市は1市3町が合併し、人口5万8千人の町です。ご多分に漏れず過疎高齢化の進んでいる町です。

街起こしで頑張っている商店街があるときいて、連れて行っていただきました。
七尾駅の近くにある一本杉商店街がそれでした。

町会長の北林氏に話を伺いました。

「ほっと石川観光マイスター」という肩書きとともに、商店街活性化に力を注いでおられました。

金沢市は、戦禍を受けておらず、古い建物が多く残っています。

一本杉通りの5つ商店を有形文化財として登録し、その店の奥さんがた5人を「語り部」として、街起こしの主人公に起用されました。

来店されたお客様に我が店を語り、他の店についても良さを伝え、時には案内する。

時間をかけて、地味ではあるが丁寧な「商い」をすることに徹しておられました。

日本全国、NHKの大河ドラマ等で取り上げられると、その年は観光入込み客数は劇的に増えます。

しかし、ほとんどの町がその後は元に戻ってしまいます。

ブームに流されず、自然体で自分たちの良さをアピールしてゆく。

5人の「語り部」という名のおばちゃまが街を語る。
それが、リピーターづくりになるというのです。

流行を追わず頑張る姿はとても参考になりました。
最後に、花嫁道中・花嫁のれん展というイベントを来年4月29日から5月13日まで行われますので見に行かれてはいかがでしょうか。

9回目になるそうです。

詳しくはhttp://www.ipponsugi.org/をご覧ください。

|

« 県外視察 | トップページ | 金沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能登・七尾:

« 県外視察 | トップページ | 金沢 »