« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

ボクシング

ボクシング
ボクシング
昨日、今日の二日間、第66回国民体育大会のボクシング競技中国ブロック大会がおこなわれます。


今年は山口県が開催県なので、中国ブロックではあともう1県しか出場できません。


白熱した大会になりました。

選手の緊張した姿、指導者の熱意が、リングサイドに伝わってきます。


この緊張感!いいなぁ〜


それにしても、岡山市に岡山大学があることは街としての一体感があります。
また、その施設の利便性と充実ぶりは、羨ましい限りです。


学園都市東広島市と広島市とのアクセスもっと考えないとなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年8月24日 (水)

お化け屋敷

お化け屋敷
広島県庁の向にいまお化け屋敷ができています。


連日人の列ができており、大盛況のようです。


考えてみれば、広島市域には遊園地がありません。


子供から、若者、大人までが楽しむことのできる施設がないのが残念です。


広島市民球場の跡地にキッザニアという職場体験遊園地を作っては?と提案しました。


この度広島青年会議所のメンバーが、キッザニア模擬展をやると聞いて、感心しました。


是非頑張ってやってほしいです。


また、多くの子供達が参加して、感動して欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

反省会

お祭りの反省会に参加させていただきました。

教科書選定問題や、議会運営の問題について意見交換をしました。

大政翼賛会のような広島県議会について、多々ご意見を頂いたことに感謝しております。

それでも地球は回っていると言い続けたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

花火

花火
花火
花火
花火
花火
花火
今年も宮島の花火を見に行きました。

一生懸命良い映像を撮ろうと頑張りましたが、大玉のときは、映像が画面からはみ出てしまいます。

やはり携帯ではだめか!?

毎年この花火をみると、お盆がきたなと思います。

素敵な花火をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

ふむ!

久しぶりに自分のブログを読み直してみました。

う〜ん!

固いかなぁ?

もっと写真があった方がいいかな?

難しいですね。意思を伝える事って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

金沢

日にちが経つのはあっという間で、ちょっと横着してたら1週間経ってしまいました。

さて、次の日は金沢で視察です。

前田利家のおかげなのか、約400年戦争に巻き込まれていない町は、歴史・文化の香り高いまちです。

そういった背景があるからでしょう。金沢職人大学校を立ち上げ、伝統技能の育成に努めておられました。これも、古い建物が残っているからでしょう。

石川県立美術館も加賀藩前田家に伝わる美術工芸品を所蔵しておられました。

この日最後に行った「近江町いちば館」はアメ横を小さくしたような市場で活気に溢れていました。中学生が職場体験学習していましたが、新鮮でした。

夜は繁華街にもでず、ホテルのラウンジで、議員3人ジントニックを飲みながら、広島県政を熱く語りながら、視察を終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

能登・七尾

能登・七尾
能登・七尾
世界農業遺産って何かなぁと思ってましたが、写真を見ていただいたらわかりますが、海岸沿いにある棚田でした。

テレビ等で取り上げられたおかげで、全国からボランティアが手伝いに来られるそうです。

そこを後にして、次に七尾市の観光交流課の方々ねお話を伺いにいきました。

七尾市は1市3町が合併し、人口5万8千人の町です。ご多分に漏れず過疎高齢化の進んでいる町です。

街起こしで頑張っている商店街があるときいて、連れて行っていただきました。
七尾駅の近くにある一本杉商店街がそれでした。

町会長の北林氏に話を伺いました。

「ほっと石川観光マイスター」という肩書きとともに、商店街活性化に力を注いでおられました。

金沢市は、戦禍を受けておらず、古い建物が多く残っています。

一本杉通りの5つ商店を有形文化財として登録し、その店の奥さんがた5人を「語り部」として、街起こしの主人公に起用されました。

来店されたお客様に我が店を語り、他の店についても良さを伝え、時には案内する。

時間をかけて、地味ではあるが丁寧な「商い」をすることに徹しておられました。

日本全国、NHKの大河ドラマ等で取り上げられると、その年は観光入込み客数は劇的に増えます。

しかし、ほとんどの町がその後は元に戻ってしまいます。

ブームに流されず、自然体で自分たちの良さをアピールしてゆく。

5人の「語り部」という名のおばちゃまが街を語る。
それが、リピーターづくりになるというのです。

流行を追わず頑張る姿はとても参考になりました。
最後に、花嫁道中・花嫁のれん展というイベントを来年4月29日から5月13日まで行われますので見に行かれてはいかがでしょうか。

9回目になるそうです。

詳しくはhttp://www.ipponsugi.org/をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »