« 待つこと | トップページ | 議員報酬について »

2011年6月30日 (木)

反省会

昨晩、選挙でお手伝い頂いた皆さんと、反省会を行いました。


20,628票頂いた御礼と、その重みを県政に反映させるべく、決意表明をしました。


その中で、今の議会運営状況を話しました。


各派代表者会議で、いま議題になっていることが2つありました。


1つは、無免許運転で起訴された議員の件です。


この件については、本来あるまじき事であり、議員として当然反省すべきことです。


議会に於いて辞職勧告決議案が提出されましたので、私も賛成しました。


この辞職勧告決議案は、法的強制力はないので、議会としてはこれ以上対策はなく、あとは本人の決断です。


過去における、知事辞職勧告決議案と同じです。


もう一つは、議員の報酬に関することです。


去年の12月定例会に於いて、議員の報酬については、選挙後選任された新しい議会で判断する事になりました。


この議論をしなければいけないのが今回の定例県議会なのです。


各派代表者会議において、ある会派は5%、ある会派は20%、ある会派は現状のままという話になり、結論は出なかったというのです。


でも考えてください。この件を議論することが一番大事なことではないのか!


この議題を、まとまらなかったといってさらりと流し、5%を数の論理で通してしまおうとしていることが、本当に県民の理解が得られるのでしょうか?


現在我々の報酬は7.5%カットされています。5%にするということは、実質2.5%引き上げたことになるのです。


震災により、東北地方は大打撃を受けました。復興にお金がいくらかかるかわからない状況で、実質報酬を引き上げることが議員としてのモラルでしょうか?


マスコミさんも無免許議員さんの追っかけは止めて、議会がしなければいけないことについて、取材してはいかがでしょうか。

|

« 待つこと | トップページ | 議員報酬について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反省会:

« 待つこと | トップページ | 議員報酬について »